シンスプリントもしっかり改善できる札幌市西区、整骨院、整体院

こんにちは、札幌あゆみ整骨院琴似院です。今回はシンスプリントについて説明していきます。まず、シンスプリントというのは走ることが多いスポーツ選手に多く起こる場所としては下腿部の内側部分に痛みが起こるようなものを言います。別名としては過労性脛部痛と呼んでいます。痛みを我慢しながら走ることも難しくなり時間が経つにつれて予後が悪くなってしまい早めに治療を重ねなければなりません。ランニング時やジャンプする際に下腿の内側に刺激が加わることによって下腿骨の筋膜が引っ張られて炎症を起こすことで発症します。今から誘因となりものを説明していきます。

まず練習量が多くなればなるほど発症するリスクが高くなってきます。又、練習の仕方も考えなければなりません。身体の面としても、もともと扁平足があるとシンスプリントになりやすいと言われています。靴の踵の外側がすり減る方もシンスプリントになりやすいと言われています。予防としても靴選びは大切です。ソールとヒールが組み合わさったもので柔軟性のあるものを装着することが大事です。靴がすり減ったら靴を変える必要があります。筋力の柔軟性が低下することで発症のリスクが高くなってしまいます。

痛みの軽い時の治療としては症状によって施述方法が違ってきます。下腿内側の圧痛があるだけ軽い痛みがある場合は特に運動を中止することはありません。ストレッチとしては膝関節、足関節、足指にかけて時間をかけて行います。ふくらはぎも関連しますのでゆっくり施述をしていく必要があります。軽いランニングなどで体を温めてから練習を行う必要があります。痛みが強い時の治療としては下腿内側に強い痛みがある場合はジャンプやランニングを中止して運動も制限しなければなりません。筋肉や関節の萎縮を取り除くためにホットパックなど温熱治療や全身筋肉をほぐしていく必要があります。筋肉の持久力も改善する必要があります。エルゴメーターなどの自転車を使って持久力、心拍能力を良くしていく必要があります。自転車で痛みが出る場合は水泳で持久力を上げていく必要があります。そういったシンスプリントの治療は札幌あゆみ整骨院でも行なっております。シンスプリントでお悩みの方は札幌あゆみ整骨院琴似院にご相談ください。

スタッフ一同全力でサポートいたします!
また、LINE@からの受付も対応しています。

札幌あゆみ整骨院琴似院では交通事故治療も行っております。
こちらもお気軽にお電話・ご相談ください!

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら

コメントやイイネ!お待ちしています♪
当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

《診察時間》
◆月〜土
AM 9:00-12:00
PM 16:00-20:00
◆日・祝
AM 9:00-12:30
◆休 診 木曜日

…………………………………………………………

札幌あゆみ琴似院
〒063-0861
札幌市西区八軒1条東1丁目5-13
電話:0120-84-5888

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
JR琴似駅から徒歩3分!
ケンタッキーさん目の前です。
駐車場は院横に2台完備!
斜め向かいのタイムズさんとも提携しています。

オスグットも治療すれば改善される札幌市西区、整骨院、整体院

こんにちは、札幌あゆみ整骨院琴似院です。みなさん、今日はオスグットシュラッター病について説明していきます。オスグットはスポーツ選手に多い疾患です。症状としては脛骨が徐々に突き出てきて熱を持ったり腫れてりしていきます。休息することで症状は緩和されますが運動をすることで起こりやすくなるため特に発育期のスポーツ少年に起こりやすい疾患です。10歳代で飛び跳ねたりボールを蹴ったりする動作で発生します。オスグットの症状としては膝の下が腫れて押すことで強い痛みが起こります。とにかく膝を曲げたり伸ばしたりといった動作で症状を悪化させます。

治療としてはまずは安静にすることが大切です。運動を完全に停止すれば骨の変化が改善されます。ですが、中途半端な停止では修復効果が薄くなっていきます。膝を曲げたり伸ばしたりする運動を2〜3週間停止してオスぐっト専用のバンドを使用します。痛みがひどい場合はギプスで固定をしていきます。そして、生活指導も大切でこの疾患が膝の使いすぎによるオーバーユースで起こるといったことを本人だけでなく家族や運動指導者にも理解していただく必要があります。運動を再開するときはジャンプ、キック、スクワットをしないように注意する必要があります。又、運動後のマッサージも取り入れると良いでしょう。筋肉としては大腿四頭筋がからんできます。大腿四頭筋が硬くなることで膝周囲の骨が引っ張られることで痛みを伴うことがあります。オスぐットの炎症が治るまでの期間は1〜2ヶ月かかります。だいたい施述して1ヶ月ほどで筋肉の硬さが緩和されて膝の痛みが消えると言われています。予防としては運動後のアイシングなどのケアは行うべきです。部活をやっている学生に対するアドバイスとして、部活ができる期間は限られているため過酷な状態で運動を行うことになります。部活動を行なっている方にとって練習を欠かさず行うことは大事ですが勇気を持って練習を休むことも改善するためには必要になってきます。そういったオスグットに対する施述も札幌あゆみ整骨院でも行なっておりますのでオスグットでお悩みの方は札幌あゆみ整骨院琴似院にご相談ください。

スタッフ一同全力でサポートいたします!
また、LINE@からの受付も対応しています。

札幌あゆみ整骨院琴似院では交通事故治療も行っております。
こちらもお気軽にお電話・ご相談ください!

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら

コメントやイイネ!お待ちしています♪
当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

《受付時間》

◆月・火・水・金
AM 10:00-13:00
PM 16:00-20:00

◆土
AM 9:00-12:00
PM 13:30-17:30

◆日・祝
AM 9:00-12:30

◆木曜日
休診日

…………………………………………………………

札幌あゆみ琴似院
〒063-0861
札幌市西区八軒1条東1丁目5-13
電話:0120-84-5888

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
JR琴似駅から徒歩3分!
ケンタッキーさん目の前です。
駐車場は院横に2台完備!
斜め向かいのタイムズさんとも提携しています。

…………………………………………………………

 

 

緊張型頭痛と筋肉の関係性って?|札幌市西区の整体・整骨院

みなさんこんにちは!
札幌あゆみ整骨院琴似院です\\\\٩( ‘ω’ )و ////

最近やっと春・・・いや夏らしい気温になってきましたね!
まだまだ温度変化が激しいので風邪には気をつけてくださいね。

さて、本日は頭痛についてお話していきたいと思います!
整骨院と頭痛って関係あるの?と思う方が大半かもしれませんが、実はめちゃくちゃあるのです。

頭痛にも色々種類があるのをご存知ででしょうか?
⓵緊張型頭痛
⓶片頭痛
⓷群発頭痛

この中で整骨院と深い関わりがあるのが緊張型頭痛です!
緊張型頭痛とは、精神的・身体的ストレスによる筋肉の緊張により起こるものです。
猫背気味でのパソコン作業、前傾姿勢などを長時間続けると、頭を支えている首や肩の筋肉に大きな負担がかかることによって、筋肉が凝り固まり、頭に酸素が十分に供給されず頭痛が発生します。
また精神的なストレスは自律神経に影響して、頭痛の誘因になります。

緊張型頭痛を和らげるには、日頃から正しい姿勢を心がけたり、長時間同じ姿勢でいるのを避けることが大切です。
また、固まった筋肉をほぐすためにも運動や入浴で体を温め、血行を促進するのも効果的です。
首に温めたタオルを巻いておくだけでも違います!

ただ、長年同じ姿勢で過ごしてきて今更正しい姿勢を自分の意識だけで直していくのはとても大変です。
なぜなら筋肉は固まってガチガチになっているから・・・。
無理に直そうとすると怪我に繋がります。
まずは筋肉を緩めてから治していくようにしましょう!
緊張型頭痛は、頭の両側から起こり、ぎゅーっと締め付けられているような痛みやじわーっとする鈍痛であることが特徴です。

当院では筋肉に良い状態を記憶させ、根本的な体質改善を目的とした治療を行なっています!
長年頭痛でお悩みの方はぜひ一度ご相談にいらしてくださいね♬

スタッフ一同全力でサポートいたします!
また、LINE@からの受付も対応しています。

札幌あゆみ整骨院琴似院では交通事故治療も行っております。
こちらもお気軽にお電話・ご相談ください!

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら

コメントやイイネ!お待ちしています♪
当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

《受付時間》

◆月・火・水・金
AM 10:00-13:00
PM 16:00-20:00

◆土
AM 9:00-12:00
PM 13:30-17:30

◆日・祝
AM 9:00-12:30

◆木曜日
休診日

…………………………………………………………

札幌あゆみ琴似院
〒063-0861
札幌市西区八軒1条東1丁目5-13
電話:0120-84-5888

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
JR琴似駅から徒歩3分!
ケンタッキーさん目の前です。
駐車場は院横に2台完備!
斜め向かいのタイムズさんとも提携しています。

…………………………………………………………

坐骨神経痛でお悩みの方、札幌市西区整骨院、整体院

こんにちは、札幌あゆみ整骨院琴似院です。今日は、坐骨神経痛についてお話をさせていただきます。まずは坐骨神経痛とは臀部の裏、太もも、下腿部にかけて痛みやしびれを主な症状としております。坐骨神経痛は色々な原因によって起こり症状によっては背術方法や指導管理などが変わってきます。まず、坐骨神経というのは太ももの裏の筋肉を動かすのに重要なものです。神経としては太くて長いというのが特徴です。坐骨神経痛の症状として痛みや痺れが症状として現れます。坐骨神経痛は臀部の障害によって起こることが多いです。今から、坐骨神経痛の原因を説明していきます。

坐骨神経痛の原因としては最も多いのがヘルニア型神経痛です。腰にかなり負担が掛かることで椎間板が脊柱管に飛び出し神経を圧迫してしまい体を前に屈む際に痛みを生じたりします。次に多いのが狭窄型神経痛です。高齢になるにしたがって骨、靭帯などの軟部組織が狭くなってしまい神経根を圧迫してしまいます。ヘルニア型と違って腰を後ろに反らす時に痛みが出現します。

坐骨神経痛の対処法としては4つあります。「正しい姿勢、生活習慣の改善、運動、寒さ対策、入浴、マッサージが挙げられています。まず、正しい姿勢としてはヘルニア型は脊椎の自然なS字カーブを保った姿勢、狭窄型は前屈姿勢をとることをオススメします。座りっぱなし、立ちっぱなしは症状を進行させるため控えましょう。生活習慣の改善としては肥満は骨にも負担が掛かるので食生活を改善して体重を減らすことを心がけましょう。後、喫煙は血管を収縮してしまうため椎間板の弾力が失ってしまいます。又、強い痛みがある場合は運動は避けてある程度症状が落ち着いてから簡単なストレッチやヨガなどを行うことをオススメします。後、坐骨神経痛は神経がダメージを受けやすいため寒さに弱く、腰から足にかけての血管が収縮して筋肉が萎縮してしまいます。カイロや湯船などで寒さ対策を行いマッサージなどで血流の流れを改善して神経や筋肉をしっかりほぐしましょう。

坐骨神経痛の診断テストとしてSLRテスト、FNSテスト2種類あります。

SLRテストは、坐骨神経痛が起こることでどこの部分に支障を及ぼしているか調べる検査です。まず、患者さん背臥位になってもらい足を延ばした状態のまま片方の足を少しずつ上げていきます。上げた時に痛みが出た時にゆっくりと元の足の状態に戻していきます。70度足が上がれば正常ですが本当に症状が酷いと30度も上げづらい人もいます。次にFNSテストですが、まずは患者をうつ伏せに寝かせた状態から片方の膝関節を屈曲した状態にします。施術者が片足を持ち、もう片方の手で腰を抑えた状態で足首を持ったまま上げていき痛みがあるかないかの確認をしていきます。太もも前面に痛みがあったり腰に辛さがある場合は椎間板ヘルニアの可能性が疑われます。

坐骨神経痛は臀部を緩めることが効果的です。臀部の筋肉で梨状筋が硬くなることで下肢痛が起こることがあります。それにより腰痛が進行して坐骨神経痛を引き起こすことがあります。梨状筋の近くに坐骨神経が通っていて梨状筋とかなり関連しているため臀部の筋肉を緩めることで神経の圧迫を取り除くことが出来、血流の改善にも繋がっていきます。そういった坐骨神経痛の背術や指導管理など札幌あゆみ整骨院でも行なっているため、札幌市西区で坐骨神経痛でお悩みの方は札幌あゆみ整骨院琴似院にご相談ください。

なかなか変わらない腰痛の原因は? 札幌市西区の整骨院・整体院 

こんにちは!札幌あゆみ整骨院琴似院です!

今回は腰痛についてのお話しをしてしていきます。
まず腰痛とは何か?
言葉通りにとると腰が痛いものですが具体的には腰がどのようになって痛みが出ているかご存知ですか?

ですのでまず腰痛とは腰がどのような状態になっているかからお話ししていきます。

腰痛が起きる原因としては腰の筋肉が固くなってしまい本来の柔軟性が落ちてきている筋肉に過度の力が筋肉にかかることによって筋肉が損傷してしまうことによって痛みが起きてしまっているからです。そうなってしまうと腰回りのこりががなかなか寝て起きてもすっきりしないことが多くなってくる事や
他にも様々な不調が出てきてしまいます。
そちらについてもご紹介していきます。

1.肩こり・首こり
腰痛になりやすい原因として腰以外にも原因がある場合があります。人の体はどこか悪くなると悪くなっってきたところがそれ以上悪くならないように他の筋肉を動かしてどうにかして庇おうとしてしまいます。そうなると腰回りはとても動きのある部分であるため他の負担を庇いやすかったり、他の筋肉の補助をしやすい部分になっています。肩こりや首こりがあると上半身の動きが悪くなってくると腰回りは上半身の負担もかかってきてしまいます。そうなると腰痛として身体に現れてしまいます。

 

2.背筋が丸くなる(猫背・亀背)
背筋が丸くなるような姿勢を長い時間そのままですと身体に悪いのですが、まず根本的に姿勢が悪くなってしまっていると同じ仕事内容の人と比べて身体に疲労が溜まりやすくなってしまいます。例えば常に前屈み気味の姿勢だと常に後ろの筋肉が伸ばされた状態でさらに仕事の負担がかかってしまい仕事の負担以外にも筋肉に負担がかかっているからです。
そうなると身体自体が疲れやすくなりこりや腰痛が慢性的になってしまいやすくなってきます。

 

3.長時間の同じ姿勢でいると腰に良くないということを聞いたことがあると思いますが長時間同じ姿勢でいるとその姿勢を維持するために常に筋肉に力が入ったままになります。そうなると筋肉によって血液の流れが悪くなってしまいます。その結果疲労物質も血液の流れが悪い所に溜まってしまいそれが凝り固まってくるとこりから腰痛に変わってしまいます。

 

4.筋肉量の減少
筋肉は使いすぎたりとその筋肉が発揮できる力以上の負担がかかってしまうとそれが筋肉を傷つけてしまいそれが腰痛になってしまいます。それに加えて筋肉は使うことがなくなってくると筋肉がだんだん痩せていってしまいます。そうなると筋肉が発揮できる力も下がってしまい筋肉に、発揮できる以上の力がかかってくるとそれが筋肉を傷つけてしまい筋肉が硬く凝り固まってしまい腰痛になりやすくなってしまいます。

 

札幌あゆみ整骨院では腰痛に対して積極的に背術や指導管理などを行なっておりますので札幌市西区で腰痛でお悩みの方は札幌あゆみ整骨院琴似院へご相談ください。

 

スタッフ一同全力でサポートいたします!
また、LINE@からの受付も対応しています。

札幌あゆみ整骨院琴似院では交通事故治療も行っております。
こちらもお気軽にお電話・ご相談ください!

*——-*——-*——-*——-*——-*——-*——-*

FaceBookも更新しています:)
Facebookはこちら

コメントやイイネ!お待ちしています♪
当院では交通事故治療も行なっています。

交通事故治療でお悩みの方、お気軽にお電話でご相談ください。
あなたの笑顔のお手伝い。

札幌あゆみ整骨院公式サイトはこちら。
http://ayumi-sapporo.com/

札幌市交通事故ナビ、むち打ち、交通事故でお悩みの方はこちら。
http://www.jiko-sapporo.com/

…………………………………………………………

《診察時間》
◆月〜土
AM 9:00-12:00
PM 16:00-20:00
◆日・祝
AM 9:00-12:30
◆休 診 木曜日

…………………………………………………………

札幌あゆみ琴似院
〒063-0861
札幌市西区八軒1条東1丁目5-13
電話:0120-84-5888

LINE@でのご予約・ご相談も受付中!

《アクセス》
JR琴似駅から徒歩3分!
ケンタッキーさん目の前です。
駐車場は院横に2台完備!
斜め向かいのタイムズさんとも提携しています。